脳梗塞や心筋梗塞・動脈硬化・血栓症・メタボリックシンドローム・肥満・血液サラサラなどに関する情報サイト

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム

ドロドロ血液が起こす目に見えない身体の悲鳴に気がついていますか?


脳梗塞や心筋梗塞ドットコム

食事をして血糖値が上昇してしまうと・・・?

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム 血糖値もサラサラ血液に悪影響をおよぼし・・・??

私たちは日々の生活の中でさまざまなものを食品の中から摂取してます。

その中に、【糖質】があります。脳梗塞や心筋梗塞ドットコム

【糖質】は、穀類・いも類・果物などいろんな食物に含まれており体のエネルギー源として使われている重要なものです。


脳梗塞や心筋梗塞ドットコム
糖質はどうやってたくわえられるの・・・??

【糖質】は、体内に取り込まれると、グリコーゲンとなり、肝臓や筋肉にたくわえられていきます。

↓↓↓↓↓↓↓↓

その後、必要に応じ変化をしていくのですが、その際に変化するのが、【ブドウ糖】です。

↓↓↓↓↓↓↓↓

この【ブドウ糖】が血液に入り込み、全身にくまなく運ばれていくのです。

↓↓↓↓↓↓↓↓

この血液中の【ブドウ糖濃度】を【血糖値】といいます。


脳梗塞や心筋梗塞ドットコム
血糖値はいつも変化しているの・・・??

血糖値は、いつも変化しており、通常の値は、一定範囲内に収まっています。

一般的には・・・??

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム 食前・・・70〜100(高くても110mg/dl)

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム 食後・・・上限 140mg/dl




脳梗塞や心筋梗塞ドットコム 食事をして血糖値が上昇してしまうと・・・??

すい臓からインスリンが分泌され、正常な値に血糖値を戻そうとコントロールします。

また、このインスリンは、備えのエネルギー源にグリコーゲンや中性脂肪が形をかえてなることを促す働きや、細胞内に血糖
が入り込みエネルギー源になったりする働きをします。


↓↓↓↓↓↓↓↓

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム しかし【糖質】を摂取しすぎると・・・???

↓↓↓↓↓↓↓↓

脳梗塞や心筋梗塞ドットコムブドウ糖が過剰になってしまい、余ってしまった【ブドウ糖】が血液中に残ってしまうことになります。

この現象をコントロールしようと、すい臓は、大量のインスリンを分泌し続けます。

この状態が続いてしまうと、すい臓が疲労してしまい、インスリンの分泌が減少してしまうことになるのです。

血糖値がますます高くなってしまい、血糖値が下がらなくなってしまいます。

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム これが【糖尿病】です。



血糖値が高い状態が続くと・・・?
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム 血糖値が高い状態が続くと・・・??

さまざま悪影響がでてきてしまうのですが、悪玉コレステロールが糖により、変形をはじめ、血管壁に沈着しやすくなってきます。

それと同時に、血液が固まりやすくなり、血栓ができやすい状態になるのです。
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム

↓↓↓↓↓↓↓↓

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム これにより【血管がつまってしまう危険性が高まります。】


脳梗塞や心筋梗塞ドットコム 高血糖の特徴として動脈を傷めてしまう??

血管、とくに動脈を傷めてしまうのも特徴で、傷んでしまった血管はもろくなり、さらに傷つきやすいため、悪玉コレステロールが侵入しやすくなり、動脈硬化の促進とつながっていくのです(>_<)

血管がつまらないように日々、健康な血液をこころがけましょう。



血液サラサラはこんな状態! 梗塞ドットコム/心筋梗塞/血栓症/血液サラサラ/血液サラサラはこんな状態! 血液ドロドロになると!
血液ドロドロになると! 脳梗塞や心筋梗塞ドットコム/はこんな状態!
血液サラサラの場合は、ひとつひとつがきれいな真ん丸な状態になり、しかも丸いフチ部分もギザキザでなくきれいな丸になります。全体的に光が通りやすいため画像の色あいも薄い感じになります。
血液ドロドロの場合は、真ん丸だった状態がだんだん連結してしまいます。ひとつひとつがつぶされたようにペッチャンコになっていきドロドロ化していくことで血流を阻害していきます。全体的に光が通りにくくなるため画像の色あいも濃い感じになります。

納豆菌 ナットウキナーゼ
ナットウキナーゼ・納豆菌の専門店は、ナットウキンネット
納豆菌
は、腸で、善玉菌のビフィズス菌を増殖促進してくれます。



観葉植物
お部屋やオフィスの中にグリーンを取り入れませんか?人気の観葉植物も充実!

 脳梗塞や心筋梗塞ドットコム 脳梗塞や心筋梗塞ドットコム TOPページへ ページの最上部へ
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム
サイト上の画像、文章などの無断でのご使用はご遠慮下さい。