脳梗塞や心筋梗塞・動脈硬化・血栓症・メタボリックシンドローム・肥満・血液サラサラなどに関する情報サイト

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム

ドロドロ血液が起こす目に見えない身体の悲鳴に気がついていますか?


脳梗塞や心筋梗塞ドットコム

なぜ肥満になるの?

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム


脳梗塞や心筋梗塞ドットコム肥満、つまり体脂肪が高くなるのは、体の中に取り込んだエネルギー (摂取エネルギー)と、体を動かして使ったエネルギー(消費エネルギー) のアンバランスが原因です。

この2つのエネルギーの量が差し引きゼロになれば問題はありません。
ところが、摂取エネルギーが余ってしまうと問題なのです。

         ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム摂取エネルギーが余ってしまう原因とは・・・

<1>摂取エネルギーが多すぎる場合  ==⇒食べすぎ

<2>消費エネルギーが少なすぎる場合 ==⇒運動不足

余ったエネルギーは脂肪に変えられて脂肪細胞に蓄積され、体脂肪率が高くなってしまうのです。



脳梗塞や心筋梗塞ドットコムみんなと同じカロリーの食事をとっても、太ってしまうのは何故?

消費エネルギーは

<1>基礎代謝・・・生きていくうえで最低限必要なエネルギー消費脳梗塞や心筋梗塞ドットコム

体温を保ち、内臓を動かすといった、何もしないで横になっている
だけでも使われるエネルギー

<2>生活活動代謝・・・体を動かすときに必要なエネルギー消費

日常の動作や運動などに使われるエネルギー

<3>食事誘導性熱代謝・・・食べ物を食べることによって使われるエネルギー

これら3つの合計量です。

なかでも基礎代謝量は、1日の総消費エネルギーの60〜70%を占めていて、体脂肪が増えるか、増えないかのカギを握っています。

    ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

基礎代謝量は、年齢や性別、体格、気温、体温、栄養状態などによって違います。男性より女性のほうが低く、生後1才から年を
とるごとに増えていきますが、男性で16才、女性で13才ごろをピークに、その後徐々に減っていきます。

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム中年になると体脂肪が増えていきます。こうした中年太りを起こすのは基礎代謝量が減っていくことが原因です。
           ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


脳梗塞や心筋梗塞ドットコムなぜ中年になるにつれて基礎代謝量が減ってしまうのでしょうか?

それは、年をとるにつれて筋肉が減少することにあります。

筋肉は全体重の30〜50%を占めています。このため、基礎代謝のうち最も多くのエネルギーが筋肉で消費されます。

筋肉は女性なら18才、男性なら20才くらいまでは特に運動 しなくても成長によって増えますが、その後徐々に減っていきます。

それに加えて、生活が便利になったことによる生活活動代謝量の減少。

もう一つ基礎代謝量が年々減少しているにもかかわらず、若い時のままの摂取エネルギー量のため、少しずつエネルギーが余ってしまっているのです。



血液サラサラはこんな状態! 梗塞ドットコム/心筋梗塞/血栓症/血液サラサラ/血液サラサラはこんな状態! 血液ドロドロになると!
血液ドロドロになると! 脳梗塞や心筋梗塞ドットコム/はこんな状態!
血液サラサラの場合は、ひとつひとつがきれいな真ん丸な状態になり、しかも丸いフチ部分もギザキザでなくきれいな丸になります。全体的に光が通りやすいため画像の色あいも薄い感じになります。
血液ドロドロの場合は、真ん丸だった状態がだんだん連結してしまいます。ひとつひとつがつぶされたようにペッチャンコになっていきドロドロ化していくことで血流を阻害していきます。全体的に光が通りにくくなるため画像の色あいも濃い感じになります。

納豆菌 ナットウキナーゼ
納豆が苦手な方も飲みやすいナットウキナーゼ(納豆菌)を配合しているナットウキナーゼDX


観葉植物
新築祝い・開店祝い・引越し祝い・結婚祝いなどにも人気の観葉植物


 脳梗塞や心筋梗塞ドットコム 脳梗塞や心筋梗塞ドットコム TOPページへ ページの最上部へ
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム
サイト上の画像、文章などの無断でのご使用はご遠慮下さい。