脳梗塞や心筋梗塞・動脈硬化・血栓症・メタボリックシンドローム・肥満・血液サラサラなどに関する情報サイト

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム

ドロドロ血液が起こす目に見えない身体の悲鳴に気がついていますか?


脳梗塞や心筋梗塞ドットコム

急激なダイエットでリバウンドしちゃったことありませんか?

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム


脳梗塞や心筋梗塞ドットコム 急激なダイエットでリバウンドしちゃったことありませんか?

なぜ、急激なダイエットで短期間に大幅に減量すると、リバウンドしてしまうのでしょう?

急激なダイエットでは、強引に食欲を抑えつけるため、そのストレスが、ダイエットをやめた時に反動となって、大食いに走らせるのです。

体には体脂肪を一定の量に保とうとする調節機能が働いていて、短期間に急激にやせると、元の状態に戻そうとする防衛機能が働くのです。

    ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

急激なダイエットは体にとって非常に危険なことなのです。

急激なダイエットは体脂肪を減らすだけではなく、筋肉や骨なども減らしてしまいます。

この状態で体重が元に戻ってしまうということは・・・

         ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

以前にも増して体脂肪がついてしまうことになるのです。
しかも、その増えた体脂肪はほとんどが内臓脂肪なのです。

基礎代謝のうち最も多くのエネルギーが筋肉で消費されるため、体脂肪を落とすには筋肉が必要です。リバウンドで筋肉が減って しまったら、ますます体脂肪は減りにくくなってしまうのです。

10kg体重を減らしたとしたら・・・

その内訳は体脂肪が6〜7kg、筋肉が2〜3kg、骨が1kgとなります。

リバウンドで10kg体重が増えてしまったとすると・・・

体脂肪だけが10kg増えたということになるのです。

         ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

健康的にダイエットするには、適正な体脂肪率になるまでゆっくり体脂肪を減らして、その間に食習慣を見直すことが大切です。

1ヶ月に1〜2kgずつ、半年で5〜10kg以内がベストです。




ダイエットに成功するためにはどうしたらいいの?


脳梗塞や心筋梗塞ドットコム ダイエットを始めると、最初の1〜2週間くらいは順調に体重が減っていきます。ところが3〜4週目ごろになると、それまでと
同じようにダイエットしているのに、体重の減り方が少なくなったり、体重が全く減らなくなったりします。

    ↓↓↓↓↓↓

脳梗塞や心筋梗塞ドットコムこれが「停滞期」です。

ダイエットを始めたばかりの頃の順調な体重の減少は、実は体脂肪が減ったせいではなく、ほとんどが水分の減少によるものなのです。

ダイエットを続けているうちに、体は入ってくる食べ物が少ないことを「飢餓に向かっているのではないか・・・」と判断します。
 

そして、これ以上体重が減らないように、筋肉を減らすことで一時的に基礎代謝などの消費エネルギーを低下させて、体脂肪をエネルギーとして使わないようするからです。

        ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム 停滞期はダイエットに挫折してしまう大きな原因です。

停滞期は1度だけではなく、必ずなんども訪れるものです。

停滞期が続くのはせいぜい1〜2週間です。「体重が減らなくてもあたりまえ」と思って、正しいダイエットを続けていくことが大切です。

早く停滞期を終わらせようと、あせってさらに食事の量を減らすようなことは絶対にしてはいけません。

    ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム体脂肪を減らしてダイエットに成功するには正しい食事のとり方があるのです。

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム脂質や糖質の取りすぎに注意しましょう!!

糖質はエネルギーとして燃やせば脂肪としてたまらないので、燃やしきれる量だけをとれば問題はありません。

また、果糖や蔗糖などの甘い糖質は中性脂肪になりやすいので、ご飯やいも類をとるようにしたほうが良いでしょう。

脂質については、いろいろな種類の油がありますが、中性脂肪に限っていえば、脂質の種類よりはまず絶対量を減らすことが先決です。

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム食事は規則正しい時刻にとりましょう!!

とくに夕食の時間が重要です。ボリュームのある食事をとってすぐ寝る生活は、脂肪の代謝リズムを狂わせてしまうのです。

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム食事はよく噛んで食べましょう!!

よく噛んで食べるとデンプンがブドウ糖に分解され、効率よくエネルギーに変えてくれるのです。噛まずに早食いすると、胃も脳も不満足なままで、間食に手が出てしまうことになります。

脳梗塞や心筋梗塞ドットコムビタミンを豊富に含む野菜をたっぷりとりましょう!!

野菜は食物繊維も多く、繊維は脂肪を包んで体外に排出してくれます。



血液サラサラはこんな状態! 梗塞ドットコム/心筋梗塞/血栓症/血液サラサラ/血液サラサラはこんな状態! 血液ドロドロになると!
血液ドロドロになると! 脳梗塞や心筋梗塞ドットコム/はこんな状態!
血液サラサラの場合は、ひとつひとつがきれいな真ん丸な状態になり、しかも丸いフチ部分もギザキザでなくきれいな丸になります。全体的に光が通りやすいため画像の色あいも薄い感じになります。
血液ドロドロの場合は、真ん丸だった状態がだんだん連結してしまいます。ひとつひとつがつぶされたようにペッチャンコになっていきドロドロ化していくことで血流を阻害していきます。全体的に光が通りにくくなるため画像の色あいも濃い感じになります。

納豆菌 ナットウキナーゼ
カロリーが気なる方へおすすめ♪ナットウキナーゼ&納豆菌のナットウキナーゼDX


観葉植物
国産のアロマオイル観葉植物を一緒に飾って、毎日をお部屋の中でリラックス!

 脳梗塞や心筋梗塞ドットコム 脳梗塞や心筋梗塞ドットコム TOPページへ ページの最上部へ
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム
サイト上の画像、文章などの無断でのご使用はご遠慮下さい。