脳梗塞や心筋梗塞・動脈硬化・血栓症・メタボリックシンドローム・肥満・血液サラサラなどに関する情報サイト

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム

ドロドロ血液が起こす目に見えない身体の悲鳴に気がついていますか?


脳梗塞や心筋梗塞ドットコム

高尿酸血症・尿酸って?
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム

-------------------------------------
  「高尿酸血症」ってご存知ですか?
-------------------------------------

人間ドックや健康診断などで、「尿酸値が高い」と指摘されたことはありませんか?

血清尿酸値が7.0mg/dL(血液100mLの中に尿酸7mgが溶けている状態)を超えた場合を「高尿酸血症」といいます。
さらに、8.0mg/dLを超える状態で治療せずに放っておくと、いろいろな病気のもとになるのです。

それでは、尿酸とは何かご存知ですか?
==================

プリン体私たちの体は何兆もの細胞で作られています。細胞には「核酸」と呼ばれる物質が含まれています。細胞が死ぬとき核酸も分解され
「プリン体」と呼ばれる物質に変化します。

「尿酸」とはこのプリン体が肝臓で分解されてできる老廃物で、主に腎臓から体の外に排泄されます。

普通、血液1ccに約7mgまでの尿酸が溶けることが出来ます。

しかし、尿酸がどんどんたまり7.0mg/dLを越えると血液中に溶けきれなくなってしまいます。溶けきれない尿酸は結晶となって
固まり、体のあちらこちらに症状を起こすのです。

最も代表的な症状が「痛風」です。

痛風は、溶けきれない尿酸が、関節などに蓄積し、激しい痛みを伴う関節炎を起こすのです。

痛風の患者は30〜60万人いると言われています。

また、「高尿酸血症」の痛風予備軍は600万人いると言われています。
昔は痛風は中年男性特有の病気だと言われていました。

しかし、現在は痛風は働き盛りの男性の病気なのです。男性の20%は「高尿酸血症」 と言われています。20〜30歳代の若者にも増えています。女性は少なく、男性が95%を占めています。


脳梗塞や心筋梗塞ドットコム

血液サラサラはこんな状態! 梗塞ドットコム/心筋梗塞/血栓症/血液サラサラ/血液サラサラはこんな状態! 血液ドロドロになると!
血液ドロドロになると! 脳梗塞や心筋梗塞ドットコム/はこんな状態!
血液サラサラの場合は、ひとつひとつがきれいな真ん丸な状態になり、しかも丸いフチ部分もギザキザでなくきれいな丸になります。全体的に光が通りやすいため画像の色あいも薄い感じになります。
血液ドロドロの場合は、真ん丸だった状態がだんだん連結してしまいます。ひとつひとつがつぶされたようにペッチャンコになっていきドロドロ化していくことで血流を阻害していきます。全体的に光が通りにくくなるため画像の色あいも濃い感じになります。

納豆菌 ナットウキナーゼ
プリン体が取り除かれているナットウキナーゼDXは、納豆菌(ナットウキナーゼ)配合です。


観葉植物
お部屋やオフィスが華やかに!プリザーブドフラワー観葉植物を飾って!


 脳梗塞や心筋梗塞ドットコム 脳梗塞や心筋梗塞ドットコム TOPページへ ページの最上部へ
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム
-サイト上の画像、文章などの無断でのご使用はご遠慮下さい。